Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
再発後を生きる
再発後を生きる (JUGEMレビュー »)
イデアフォー
大好きなWeb日記「ななおジョーンズの日記」の一文が掲載されている共著作。ななおさん、あなたの分も、絶対頑張るから!
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
芸術家の村にて☆ウブドは滞在しなくちゃ満喫できないのね…
バリ島旅行記☆その�G

三日目は完全フリータイム…
ディナーまでに戻れば良いとの事で、おばさま達は「ラフティング」に行かれた模様
私は、バリに来る前からどうしても行きたかったウブドへ
前日から銭湯オーナーに手配してもらった現地ガイド
しかも料金もレンタカー・燃料費・ガイド料込みで日本円で2000円程!
なんて格安なのでしょう…
バリはとってもガソリンが安くて、日本円にして1円/�g位と格安
ですからレンタカーがとてもお徳なのです☆

バリ島中部の街「ウブド」はデンパサールから車で約1時間
イメージはバリの軽井沢かな☆☆☆
バリ絵画の中心地で、沢山の画廊や美術館があり
欧米や日本からのアーティストが沢山住んでおられるのです。

バリの昔の王宮跡「プリ・サレン・アグン」
通称「ウブド王宮」は今でもスカワティ王家の末裔がお住まい
…でも、観光のバック・パッカーさんもお泊り(一般に開放されているのです。)

Neka美術館と言う、地元名士の建てた美術館で絵画を鑑賞…
ガイドの19才のボニー君は、流石に美術館は退屈らしく、外で待ってるからと…
どの建物でも、美術館でもガイド君からはお金を取らない
観光資源だけの島なんだなと納得したのでございました。

ガイド君は、本当は闇ガイド君で(??)
日本語も少々不便かなぁー、だから行く場所もこちらが地図で示しながら要相談。
途中で道が判らなくなり、二人で地図を広げるも持参の地図が日本のもので彼は理解出来なくて
わーわー言いながらの移動も、ドライブ気分で結構楽しかったなー☆☆

  -to be continued

posted by: うわばみ | ★うわばみの歩み★命の水 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://very-very-happy.show-chu-cat.readymade.jp/trackback/482995
トラックバック