Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
再発後を生きる
再発後を生きる (JUGEMレビュー »)
イデアフォー
大好きなWeb日記「ななおジョーンズの日記」の一文が掲載されている共著作。ななおさん、あなたの分も、絶対頑張るから!
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
退院の日の記事のみ復活(記事のみですみません)
えと

復活というか、手打ちです。
画像でしか残してない
せっかくの皆様からのメッセージは
復活不能でした(うううう)ごめんなさい

==========================================

うううううううう

やっと絶食からおかゆになったとたん
多分、入院1ヵ月過ぎたし
(保険点数とかの関係か?良く知らんが…)
食事すら、食べられないものやら
食べていいものやら
良くわからんうちに、退院

いきなり退院ていうものだから
帰宅介助も、仕事帰りのじゃがべえに頼んで
本当は、午後退院は4時退出なのに
4時くらいに片付けて婦長さんに相談
だってさ、普通のサラリーマンや仕事してる人で
そんな、急に休めたりするのって
いまどき絶対にないですよね

一応規則だが、午後に新しいベッドメイクとか掃除とかはしないし
4時っていったら、すぐに食事時になるし
面会時間限界の8時までにお迎えが来てくれれば
ベッドに居ていいよって

だから、4時には着替えと荷造り終了して
病院で着ていたパジャマとか、使っていたタオルとか
全部ランドリーで洗濯して
ベッドでこっそりと、度数の余ったテレビカードで
テレビを見ながら編み物してた

荷物は、キャリーも含めて
自分で持ち込んだハーフサイズの毛布やら
タオルたくさんやら、お風呂セットやら、
肌着とかパジャマとか
本と編み物と、
それに、大事なカエル君舘もいれて
退院の際にマダムが下さった素敵なひざ掛け(箱入り)まであるし
大きなカバンが4つ
全部で5個!!!

ひたすら、静かに気配を消して
じゃがべえの到着を待つ

じゃがべえ、7時くらいに到着

でっかい荷物用のカートを借りてきて
タクシーまでやっと子さ運び、
無事帰宅

さすがに、1ヵ月分の生活用の荷物って大きいね
しかも、いきなり追い出されたしな〜〜〜〜


そうそう、日赤で思ったのは
ちょこっと不便だったなってこと
リバーサイドは、大学病院ていう利点もあったから
比べたらいかんのだろうが

院内に、美容室がない
美容室があると、お風呂禁止の人が
たまに贅沢して洗髪とかしてもらうことができた
洗髪を、いちいちお願いして、許可もらったり
介助してもらうのって
ちょっと気が引けて頼めないことが多い
長期入院してると、車椅子でだって洗髪にいけて
予約もできて、ものすごく気分転換になるんですよね♪
抗がん剤やるときも、カットしてもらいに行けたし

日赤にお尋ねしたら、外に行ってくださいって…
病床とか病棟安静が基本の人は
介助してもらえないと、外には出られないから
これは不便だなって思った

カフェやコンビも、ちっちゃいのしかなくて
コンビニは、お手ごろサイズのシャンプーや基礎化粧品などのトラベルサイズは、
いつも品切れ
結局、大きな普通サイズを買う羽目になり不経済だった
本などもあまりなくて、雑誌くらいしか買うものがない、

病院図書室があったけど…コメントしませんですよ…

院内に、郵便局もなくて
前は、退院などがきまると
事前に荷物を送ったり、あるいは、局留めで受け取りも出来た

設備や清潔さ、技術面は素晴らしいのですが
入院して(しかも、長期になると)そうとう不便さを感じました

それから、建物
改築、増築をしている関係で
たまたま、私の病室のところか、病棟の連結部分
しかも、数少ない各棟の連絡通路にあたっていて
まるで大通り状態

建物の連結部分には、でっかい金属の継ぎ目があって
この段差を、昼夜、夜中を問わず、大きな重い機材が通過する

夜中に、バンバンと大きな騒音と震動がして
おきてしまう事が多かった
病室の方にきいたら、睡眠剤で寝ておられるばあちゃん以外は
ラジオやテレビなどのイヤホンで回避していたそうだ

それに、当直のDr.や、休憩交代のナースさんが
大きな靴音をさせて通過する
大きな話し声も楽しそう

治療の話などより、来週のデートとか
結婚迫られてどうしようとか、シモネタとか…
面白いんやけど…

その声、どうにかしろよ!

靴とか気をつけるとか
あるいは、床に少しは消音素材使うとか…

病室も不思議で
通路挟んだ、真向かいのお部屋が男性の病室
通路側の私は、カーテンが少しあいていると
向かいの病室のおっちゃんと眼が合う(汗
カーテン突然開けられました事件のときも
向かいのおっちゃんからまるまる見えてたしね
不思議な病棟でした

病院関係の方は、患者のように
そこで、有る期間生活したりすることはないから
多分気がつかないのかな?
それとも、大部屋だから、こんなもんでええのか?

少し改善してもらえると助かるな?
積極的にアンケートとるとかしてみたら良いのに?

さて、このへんにして



それと、これだけは声を大にして言いますね



応援してくださった皆様
たくさんのコメント
心のこもったお見舞い爆弾を
本当にどうもありがとうございました!

私の戦いはこれからが本番で
多分、おなかとか、腸とか転移もしてそうな気がするけど
絶対に負けないので
これからも、見ていてくださいね!

ありがとうございます☆
感謝の心でいっぱいです。
人に弱み見せたり、頼ったりも出来ない
だめだめな私だったけど
皆様にたくさんの力をもらって
それに、たくさん助けてもらって
愛情をいっぱいいただいて

これからも、たくさん泣いたり弱ったりすると思いますが
皆様のお力をいただいて
絶対にこの転移の奴らをぶっ潰して見せますから
見守っていてくださいませ!
ありがとうございます。






posted by: うわばみ | 入院☆治療でやっつけろ! | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://very-very-happy.show-chu-cat.readymade.jp/trackback/931855
トラックバック