Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
再発後を生きる
再発後を生きる (JUGEMレビュー »)
イデアフォー
大好きなWeb日記「ななおジョーンズの日記」の一文が掲載されている共著作。ななおさん、あなたの分も、絶対頑張るから!
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
にっぽんの医療現場って、ちょっと悲しい★命が命を削って命を救うという現実が、ちょっと悲しい★★

私は、千載一遇、奇跡のような出会いによって
今日まで、がん治療を受けてこられて
しかも、最高の友人まで得る事ができて
ほんとうに、感謝しているし
さまざまな医療現場で奮闘する方々を身近に感じ、考えることができて
こんな素晴らしい出会いは無かったと思ってる

がんになる人が、こうまでたくさん増えてしまって…

患者はみんな、必死で治療を探して情報を入手し病院を巡る
また、命を救うために必死で勉強して
そして、心をこめて患者と向き合い、治療にあたる
たくさんのドクターがいらっしゃる

…でも
全てのドクターが素晴らしいとは限らないのも事実

つい最近の事件のように、
「 ふどういだたい 」 なんて無駄な言葉を教えてくれるドクターもいるし
技術と人格とか、優しさとかが伴うってのは如何に稀なことかと思う

だから、自分の運には
感謝しても感謝しても
私のラッキーさは感謝したりないんだと強く思う

御大の訃報から、少し時間がたった

”西の御大”
思えば、私の千載一遇の奇跡の出会いと
末期がんでも元気な私がいられるのも
おやぢや、スーパーゴッドハンド・カモノハシ先生に出会えたからで
それは、西の御大の存在があったからなんだと思う

2003年、TV取材が病棟に来ると聞いて
その日、廊下をトコトコ歩いていた御大に

「 ネクタイ曲がってますよーーー。いいとこ見せなくちゃ。 」
と、軽々しく触って直して差し上げたりと、失礼の連続であった
とてつもなく、強心臓の私は、入院患者とは思えぬ無礼さで
容赦なくギャグやらを投げつけていたが
退院後に、「 病棟が静かになって、寂しくなった 」 とおっしゃられたとか
風の噂に聞いて、あららと思って
でもちょっと嬉しかったものだ

命が命を削って、命を救う
こんなの無しだろうと思う

例えば、1日で100人の患者を診て、5年で過労死なさるようなら
1日70人の患者にして、15年も20年も治療にあたってくださるほうが
助かる患者の数は大きいけど

…実際には難しいことだと分かっている

国技じゃなけど、心・技・体 が揃っているドクターは貴重だし
絶対数が全然足りないのが問題だ

日々患者は増え続けるし、みんな、必死で必死で
必死ですがりつく

患者も、治って幸せになって
そんな患者を救ったドクターや医療者の方々も
みんな、幸せにならなくちゃダメなんだもん




         RIBON.PNG



おやぢや、スーパーゴッドハンド・カモノハシ先生に
少しでも負担かけないように、早くしっかり治せるように
がんばって、協力する!だって、自分のことだもん☆

…私、禁酒がんばるっ!!! (って、そこかい!)



posted by: うわばみ | いろいろあります | 17:09 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
文書に頷きながら…あっ( ̄□ ̄;)
私…日本酒駄目だからと 今ビール呑んでいた。
駄目ジャン…主治医は僕はあまり強くないと人の酒好きを半非難していたなぁ〜
患者として…少しでも協力を…できてねぇな…ハンセイ。
| ほっこ君 | 2010/05/28 12:47 AM |
ほっこ君☆

いやいや
ビールはお酒ぢゃないって…
ってか、日本酒も過ぎなければ良いんだよねぇ
ま、飲み過ぎちゃうのが酒飲みなんだけど
ほっこ君の主治医さま☆良い先生なんだねー
良い先生には、患者みんなの為に
長ーく働いてもらわにゃ☆

私は、数値改善するまで
頑張って禁酒するのと
主治医さまを質問責めにしないよう
ほどほどにしなくちゃ。
| うわばみ | 2010/05/28 9:52 AM |
悲しいです。とても。
何も知らなくて…驚いてしまった。
本当に。こないだの検診で
「良かったですね」って言ってくれた
先生の声が最後になってしまった。

思いはいっぱい。
言葉にならないです。
ほんと。






| りん | 2010/05/28 12:23 PM |
りんだちゃん☆

うん…6日に、腎不全で倒れられたってのは聞いていたんだけど
その後、回復されないままだったの。

診ておられる患者さんの数が半端じゃないから
諸所、色々と影響あるなって思っていて
あえて書かなかったんだけどね

今、はっきり覚えているのは
麻酔から覚めたときに
「無事終わりましたよ。」って
ちょんちょんと身体をたたいてくださった御大の
まだ、術着を着てマスクをしておられた顔なんだ

おやぢも、ショックだろうなと思う
懐かしいね…一緒に飲んだもんね。
おやぢに、落ち着いたら
会いに行こう、一緒に。

でも、泣くんじゃないよっ^^

| うわばみ | 2010/05/28 1:25 PM |
ほんとにそうだと頷きながら読みました。
「命が命を削って、命を救う」
そういうのはおかしいよね。
どうにかならないものか。。。
お医者さんたちが幸せにならなければ、私たちも幸せになれないと思うのだけれど。

うんうん、そうそう。
うわばみちゃんが元気でいることが御大への恩返しだね。

私もそうありたいな。
そして、感謝の気持ち、そして、感謝の言葉をちゃんと伝えたいと思います。
| みみこ | 2010/05/30 8:33 PM |
みみこさん あーんど にゃんず♪

お元気ですかあ?
にゃんずのみなさんも、ご機嫌麗しゅうお過ごしかしら☆

お医者さんとか、医療に携わってくださる方々も
やっぱり、人間であり、それを仕事とされているからには
喜びとか、達成感とかがないと
良い仕事が出来るはずが無いと思うのです。
良いお医者さんで、頼りにされていればいるほど
過労死しちゃうような仕事量ではいけない。
その辺の折り合いがね…

そりゃ、自称”名医”とかで
報酬とかも、んん?と思うこともあるでしょうし、
誰がどのように判断するかというのが難しいのですが
誠意があって、献身的であればあるほど無理しちゃうってのが
本当に悲しいことかと。

だから、私たちみんな
病気になったことはきっかけとして
出来るだけ、自分で自分の健康について出来ることをしなくちゃと思うわけです。

で、禁酒と(wwww

この前、うちの両親が北海道旅行に行ったらしく
じゃがバターをお土産にもらいました。
簡単調理で美味しかった♪
じゃがいもが良いのか、バターが良いのか、調理が良いのか?
やっぱり、空気も良いのかな?

美味しいもの食べて
健やかな気持ちで、
病気であろうが、なかろうが
いつも健康(?)でいましょうね^^
ありがとね。
| うわばみ | 2010/05/31 11:44 AM |
うわばみちゃん!

私もびっくりしました(T_T)とても、残念です。
何度かお会いして、お話ししたことがあったので・・・
あの素敵な姿が思い出されます。。

「命が命を削って、命を救う」そんなの悲しいね。

おやぢも、身体を大切にして欲しいよね。

| ふうまま | 2010/05/31 9:59 PM |
ふうままさま

ほんと、おやぢにも
あんまり無理して働きすぎないでもらいたいと
大いに思うのでした。
でもって、ふうままさんもだよ☆
相当、多忙だし
たくさん、やらなければならないこともあるみたいだしね。

きちんと、合間を見計らって
休養も必要ですよん。
| うわばみ | 2010/06/01 5:54 PM |









この記事のトラックバックURL
http://very-very-happy.show-chu-cat.readymade.jp/trackback/948847
トラックバック